ホーム > 柔整・鍼灸関連情報

スタッフブログ

2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
柔整・鍼灸関連情報
料金改定延期 現時点で予想される制度改定 part2
2012.7.17

いつもお世話になっております。仁藤です。
日頃は弊社製品をご愛顧頂きありがとうございます。

療養費改定延期の情報が入った後
業界内で「3部位目はカット?」「15日以上は請求できない?」「マルメ(包括請求)になる?」
情報過多の時代ですので、真偽不明な情報も多く入ってきますが
制度内容が確定してませんので、今の時点で右往左往する必要はないと考えます。

前回も記載しましたが、今回の予想案も個人的な私見です。
正しいのか間違っているのかも分かりません。

会社HP上で、不確定かつ、私見を述べるのは 正直 いかなものかと思っておりますが、
今回の療養費改定延期の理由を考えると、今更ですが業界の立ち位置を再認識した上で、
「どこの団体に所属しているか?」 「どこの地域で開業してるか?」 など些末な事は取り払い
業界に関わる者 全員が考え 柔道整復師業界として一枚岩になり折衝していかないと、
もうどうにもならない状況まできていると考えてます。
レセコン会社の一員としてではなく、業界に関わる者として 私の考えや意見を書いていくつもりです。
不躾な点も多いかと思われますが、お付き合いいただければ幸いです。

前置きが長くなりましたが、先月より本ページにて、24年6月料金改定の延期に対し、
「予想される制度改定」を3回に分けて記載しております。
part1はこちら

今回は part2 「多部位請求」 について

まずは何部位から多部位か? 
昔からレセプト用紙 料金欄に多部位の記載があるので明白です。
3部位以降が多部位に該当します。
多部位該当になった際には下記2項目の制限があります。

A 多部位逓減 
B レセプトに負傷原因を記載

A 多部位逓減 

逓減=減額 と認識いただいて構いません。
多部位逓減対象になる項目は ①後療料 ②冷罨法料 ③温罨法料 ④電療料
4項目になります。 初回施療料 740円に関しては対象外です。
(余談ですが 施療料に関しては逓減及びカットの記載がないため、極論で10部位あったっとしても
算定基準上はOKかもしれません。保険者側がどう判断するかはわかりませんが・・・。)

②冷③温 は同時算定できませんので、例として、負傷日から6日目以降の1日の計算が下記になります。

1部位目 後500円+温75円+電30円=605円
2部位目 後500円+温75円+電30円=605円
3部位目 後500円+温75円+電30円=605円×0.7=424円

22年6月の療養費改定にて
3部位目の逓減率が 0.8 → 0.7
4部位目の逓減率が 0.33 → カット

に変更となりました。
一見 減額の改定に思われますが、同改定で 後療料が 470円 → 500円 (+30円UP)
と単価があがったので、3部位までのレセプトに関しては、逓減が下がっても金額はあがり
殆どの院では、逓減率の減額は問題視されていませんでした。
個人的には 4部位目のカットは今後の布石と考えると大問題だと考えていましたが。

5月の弊社セミナーでお渡しした、厚労省宛に出された 協会けんぽの24年度 料金改定要請案では
3部位目の逓減率を 0.7 → 0.33 にしてほしいといった記載がありました。
仮に3部位目逓減が 0.33 になった際、上記計算だと
3部位目 後500円+温75円+電30円=605円×0.33=200円 
現在の半分以下になります。

私が4部位目のカットが大問題と考えた理由の1つがこれです。
平成12年の料金改定で 4部位目逓減が 0.5 → 0.45
平成14年の料金改定で 4部位目逓減が 0.44 → 0.33
平成22年の料金改定で 4部位目逓減が 0.33 → カット

10年と長いスパンではありますが、4部位目が 0算定にされています。(更に遡ると逓減自体がなかったようですが)
「4部位なんて多部位請求出した事ない」
という意見を良く聞きますが、現状残っている多部位は、冒頭に記載したよう3部位目しかありません。
同じように10年という長いスパンで徐々に減額されるのであればともかく
○養成学校の急激な増加による柔道整復師の増加
○行政からの柔整業界への不信感
○今回の療養費改定異例の延期 等考えると
ドラスティクな改定が待ち受けていてもおかしくありません。

B レセプトに負傷原因を記載

について記載しようと思ってましたが、今回 前置きが長くなってしまったのと、
私の怠惰で〆切に間に合わないので7月末に B 負傷原因記載について当コラムにて更新致します。

次回は ③ 長期施術  について記載致します。9月上旬位の更新予定です。