ホーム > 柔整・鍼灸関連情報

スタッフブログ

2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
柔整・鍼灸関連情報
労災保険柔道整復師施術料金算定基準、改定
2016.11.04

平成28年10月26日(水)に、厚生労働省より労災保険柔道整復師施術料金算定基準(以下、労災保険)が改定発表がありました。
平成28年11月1日の施術分から適用となります。
(参考URL  http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/gaiyou/rousaihoken-01.html


●改定内容
・初検料の引き上げ
・骨折・不全骨折・脱臼の後療料引き上げ
・運動療法料の引き上げ

 

労災現行

引上額

労災改定後

初検料

2,475

10

2,485

初検相談支援料

100

0

100

初検料加算 

時間外

650

0

650

 

休日

1,870

0

1,870

 

深夜

3,740

0

3,740

再検料

375

0

375

往療料

2,230

0

2,230

往療料加算

2㎞または端数を増す毎に加算

960

0

960

 

時間外

100%

0

100%

 

その他

200%

0

200%

情報提供料

1,000

0

1,000

特別材料費  

骨折・脱臼・不全骨折

1,620

0

1,620

 

捻挫・打撲・挫傷

970

0

970

後療料

骨折

一般

760

210

970

 

 

拘縮

1,020

290

1,310

 

不全骨折

一般

640

180

820

 

 

拘縮

900

250

1,150

 

脱臼

640

180

820

 

捻挫・打撲・挫傷

615

0

615

罨法

冷罨法

100

0

100

 

温罨法

95

0

95

電療料

550

0

550

休業証明書

1通につき

2,000

0

2,000

入室料

1,400

0

1,400

食事料

470

0

470

指導管理料

680

0

680

運動療法料

340

20

360

包帯交換料

骨折・脱臼・不全骨折

720

0

720

 

捻挫・打撲・挫傷

360

0

360


・骨折、不全骨折、脱臼の各部位整復料引き上げ

骨折

整復料

労災現行

引上額

労災改定後

1.鎖骨

4,920

1320

6,240

2.肋骨

4,920

1320

6,240

3.上腕骨

10,800

3000

13,800

4.前腕骨

10,800

3000

13,800

5.大腿骨

10,800

3000

13,800

6.下腿骨

10,800

3000

13,800

7.手根骨、足根骨

4,920

1320

6,240

8.中手骨、中足骨、指(手・足)骨

4,920

1320

6,240

 

 

 

 

 

 

 

 

不全骨折

固定料

労災現行

引上額

労災改定後

1.鎖骨、胸骨、肋骨

3,600

960

4,560

2.骨盤

8,640

2,400

11,040

3.上腕骨、前腕骨、下腿骨、膝蓋骨

6,600

1,800

8,400

4.大腿骨

8,640

2,400

11,040

5.手根骨、足根骨中手骨、中足骨、指(手・足)骨

3,360

960

4,320

 

 

 

 

 

 

 

 

脱臼

整復料

労災現行

引上額

労災改定後

1.顎関節(一側毎)

2,160

600

2,760

2.肩関節

7,440

2,040

9,480

3.肘関節、膝関節、手関節、足関節、指(手・足)関節

3,360

960

4,320

4.股関節

8,400

2,400

10,800

 

 

 

 

施療料

労災現行

引上額

労災改定後

捻挫・打撲・挫傷

910

0

910


施術料金表は、以下のリンクからダウンロードできます。

平成28年11月~ 労災施術料金表