ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
柔整・鍼灸関連情報
『レセコン選びについて』 武藤
2012.6.15

星の数まではいきませんが、レセコン会社は多数ございます。(弊社もその中の1社です。)
手書きのレセプトを提出するわけにもいきません。(特に、柔整については…。)
 

開業しましたら、レセコンは必ず必要になります。
 

安いレセコンもあれば、そうでもない?レセコンがありますがまずは、実際に画面を見て下さい。
いくつか、レセコン選びのポイントを書いてみます。
 
【使いやすさ】
どんなにパソコンの嫌いな方でも、
月に1回はレセプトを提出しますのでキーボードをたたかなくてはなりません。
人によって、感じ方は様々かと思いますが色々なレセコン会社のデモンストレーションを見て下さい。
リース契約にて導入となりますと、期間は大概5年だと思いますが一度決めたら5年間は使わなくてはなりません。
後々レセコン会社を変更となりますと、リース契約をされている先生はリース契約の処理もありますし、
新たな契約もございますので余計な出費になってしまいます。

 
【接骨師会入会or個人請求】
接骨師会もたくさんございますが、入会したい接骨師会に対応しているレセコン逆に使いたいレセコンが対応できる接骨師会を選ぶ必要があります。
弊社は、個人請求にも対応しておりますが 新しく開業される先生は接骨師会に入会をおすすめいたします。
接骨師会に所属いたしますと、業界の情報を入手しやすくなりますし何かあったときは、
接骨師会から助言を頂けます。(会費等々かかりますが…。)
一方、個人請求の場合ですと会費等々はかかりませんが、業界情報等入手しにくいというところがあります。
そこは、弊社よりいろいろと情報提供をさせて頂いております。
 
【機能】
例えば、某A社さんでは超音波等がオプション(別料金だと思いますが…。)であったりといろいろなバリエーションがございます。もちろん簡素化された、レセプトを提出するためだけのレセコンもございます。(価格は安いと思いますが…。)
とあるレセコン会社では、患者さんの来院分析ができるソフトですとか、受付表がわりに使用できるソフトがございます。
 

将来の院経営を考えて、鍼灸・マッサージの施術を考えられている場合は現在対応しているレセコン会社を選ぶことも必要かと思います。なぜかと申しますと、レセコン会社それぞれ操作方法も違いますし、例えば新しく鍼灸を始めた場合 レセコン会社を変えることとなれば新しく操作方法を覚えなくてはならなくなり、日々の業務もあるなかでの習得となればかなりの面倒になることが考えられます。
 

つきつめれば、いろいろと判断材料があるかと思いますが今後、開業される先生のお役に立てれば幸いです。