ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
柔整・鍼灸関連情報
『セミナーを開催致しました』 武藤
2012.8.1

7月22日(日)、セミナーを開催致しました。
前半の部が、株式会社 エフアンドエム 池邉部長による「知らないで損する!? 
治療院に関わるお金の残し方」というタイトルのセミナーでした。
税金に関する内容でして、私も知らないことがいっぱいですごく為になりました。
(約20年前に、日商簿記2級を取得しているのですが・・・すっかり忘れてしまいました・・・。)

売上が良いからと、すぐに設備投資・分院展開を考えてしまいますと後から想定以上の税金が発生し、
資金繰りを困窮させる可能性がでてきてしまうとのことです。
ここで、考えなくてはならない税金の種類ですが下記のとおりになります。

 【所得税】
  3月15日までの確定申告によって決定し納付まで行います
  課税所得金額に対して5~40%(6段階)になります。
 【住民税】
  納付年税額を6月・8月・10月・1月の4期に分けて納付します。
  課税所得の約10%になります。
 【事業税】
  都道府県から送られる納税通知書によって、通常8月末・11月末の2回に分けて納付します。
  事業所得が290万を超える部分に対して3%課税されます。
 【消費税】

  社会保険診療報酬は免税売上のため、消費税の申告は不要ですが基準期間に自由診療等の売上が1,000万を
  こえると申告が必要となってきます。


納付時期に間に合わなかった場合は、追徴課税か課されます。
追徴課税だけでも、いろんな種類がありました。

延滞税やら無申告加算税といろいろあることを知りませんでした。

そのほか、法人化した場合のメリット・デメリット法人化する時の売上金額等いろいろと
お話しをして頂きました。


いつもは、保険請求にかかわることメインでセミナーを開催してまいりましたが、
「たまには」と言ってはあれですけど、いつもとは違った良いセミナーになったかと思います。


あっ!ここでひとつ情報があります。
税務調査の呼び出しが多いのが、「8月」とのことです。

それはどうしてか?と…。

その件につきましては、セミナー会場にてご説明させて頂きます(^^)/


最後に、経理・会計知識の勘違いとして問題です。

Q.1
みなさん毎月、接骨師会もしくは保険者にレセプトを提出しているかと思います。
どの時点で、売上として計上しなくてはならないでしょうか?

・レセプトを提出した時
・口座に入金された時

Q.2

経費で落とせない物は、以下のうちどれでしょう?
・院で使用する制服
・電話加入権の取得費用
・従業員へのジュース代

上記2問の答えは、次回弊社スタッフがホームページにアップ致します。