ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
柔整・鍼灸関連情報
『独立、そして開業へ…Part1』 武藤
2012.11.01

こんにちは!
すっかり秋になり、食べ物もおいしくなってくるこの季節。

皆様いかがお過ごしですか?

さて、今回は開業にちなんだお話しをすこし…。

柔道整復師 国家試験に合格、そして院に勤務し、
数年が経つと独立・開業を考えはじめる先生もいらっしゃると思います。

開業されるときも、充分な余裕をもってすすめていかなくてはなりません。

形式的な手続き等はいっぱいありますが、まずは最初の段階として下記の3項目をあげてみました。

①どの地域に開業しますか?
②その地域に、競合院は?
③資金計画・・・etc

①どの地域に開業しますか?


駅前or駅から離れていても住宅街orオフィス街といろいろと悩むと思いますが、
選択肢は、この3つになってきます。
ここで重要になってくるのが、人の流れです。
人口が多いか?昼間の時間は人が外にでているか?夕方・夜間の人の流れは?
人がいなければ、もちろん患者さんの数も少なくなってきますし、開業する町が栄えていなければ、
人は外に出てきません。
例えば、大型スーパーでも出店していれば主婦たちは、スーパーに集まってくるかと思います。
これは駅前でなくても、郊外にも大型スーパーも結構出店していますし、
人が集まるところを考えるべきだと思います。
オフィス街も、サラリーマン・OLがいっぱいいるかと思いますが、
場所によっては家賃が高くなってくるかと思いますし、週末は人がいないのでは・・・?と。
そして、開業したい地域に出向いて、1時間でも2時間でも人の流れを観察してみるのもよいかと思います。
(1日中、同じ場所にいたら不審者と思われる可能性がありますが・・・。)

物件も、1回で決めてしまうのではなく何件も見て「これだ!!!」と思うものにしてください。
これは、私の個人的な意見ですが受付は院の顔となりますので、少し広めにしたほうが良いかと思います


②その地域に、競合院は?

前に「近所に整骨院が、開業!?」でも書きましたが、
ひとつの商店街を通りますと整・接骨院が何院もある時代です。
私の自宅近くに、大型スーパーがあるのですがその通りにも3件、整・接骨院があり、
そして近くのショッピングモールにも、整・接骨院ではないですがリラクゼーション系のお店が2件あります。
有資格者の増加にともない、たいして栄えてもいない私の自宅近くにもこれだけの院・店舗がございます。
どのようにして、差別化をはかるか?

例えば、トイレにアメニティグッズを置いてみたり、
音消しの機械を置いても良いですしこんな些細なことでも、患者さんの印象は変わってくると思います。

③資金計画・・・etc

一番大切なところです。
すべて、自己資金でまかなえるのであれば問題ないですが融資を受ける場合は銀行融資でも良いと思いますが、
政府系金融機関から融資を受けるというやり方もあります。
政府系金融機関ですと、無担保・無保証人で利用できる融資がありますのでこちらが良いのかな?と思います。

運転資金は、余裕をもって確保しておいてください。順調に患者さんが増えてきて、
手元にキャッシュがないと、“黒字倒産”ということもありえますのでご注意ください。

以上で、Part1は終了となります。
Part2の時期は未定ですが、次回は資金計画についてもう少しほりさげてみたいと思います。

お客様が、独立・開業される際に少しでもお役にたてたら幸いです。