ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
柔整・鍼灸関連情報
『独立、そして開業へpart.2 資金計画編』 武藤
2013.02.16

まだまだ寒い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今年も早いもので、2月中旬になりました。
来月、3日には柔道整復師国家試験、27日には合格発表があります。
受験されるかたは、くれぐれも健康に気をつけて試験にむかってください。

ちなみに、昨年の合格率は77.4%でした。

昨年11月に「独立、そして開業へpart.1」を、ホームページにアップしましたが
今回は、「独立、そして開業へpart.2 資金計画編」をすこし…。

開業時に必要なものを考えてみます。
・干渉波
・超音波
・ベット
・カーテン
・テーピング
・ホットパック等々
・内装(整骨院専門の業者がありますのでそちらが良いかと思います。)

そして、上記必要な資金をどうするか?

①すべて自己資金
②一部自己資金(親類・金融機関からの借り入れ)
③すべて金融機関からの借り入れ

おおまかに分けると3つに分類されるかと思います。

開業するにあたり、ざっと見積もりをしても数百万~のお金がかかります。

すべて自己資金でまかなえ、しかも運転資金の確保もできれば問題ないかと思いますがなかなか、
難しいところもあります。
個人請求ではじめられる場合は、入金が数ヶ月後先になり手元の現金が心配になることが危惧されます。

金融機関からの借り入れについてですが、
自己資金が多ければ多いほど融資してもらえる額が大きくなるのが一般的です。

すべて金融機関からの借り入れ(ノンバンクを含む)は、リスクがおおきすぎるかと思います。


融資をうけるなかでも、市区町村によりますが融資優遇制度がある場合があります。
ある例ですが、日本政策金融公庫が保証人となり融資を受けられる場合がありますので

問い合わせてみるのも良いかと思います。

いざ、融資を受ける際はいろいろと面倒なことがあるかと思いますが

あせらずに、時間をかけて準備をされることをお勧め致します。