ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
柔整・鍼灸関連情報
『接骨院と整骨院』 渡辺
2013.09.19

こんにちはミニッツです。
この頃やっと涼しくなり過ごしやすくなり

先日2020年東京五輪開催決定、おめでとうございます。

さて今回は、

整骨院と接骨院どうちがう??

接骨院も整骨院も治療内容は同じで、単に名前が違うだけです。
整骨、接骨は「柔道整復師」という国家資格を持っているものが開設している

施術院のことで、捻挫、打撲、挫傷などに対して施術するところです。

柔道整復師の専門は、骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷です。治療方針・方法などは、さまざまですが、一般的には、問診、触診、打診などを施し、充分な説明の後、急性期のものでしたら、受傷後2~3日※RICE処置以降、温熱、手技、電器、などを施します。原因の見当たらない慢性的な痛みは、保険診療の適用外となり、自由診療となります。また、病院や診療所と同じように健康保険が使えます。(院によって内容は異なりますが。)

ここでRICEとは

Rest… 安静
Ice… 冷却
Compression… 圧迫
Elevation… 挙上


RICE(ライス)とは、応急処置の基本であるRest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとったもので、打撲や捻挫などスポーツでよく起こるケガの多くに対応できる応急処置です。

整骨院も接骨院も名前が違うだけで内容はかわらないということです。

最近は整骨院の方が多いような気もしますが・・・
実際に通ってみて効果がないと思ったら
他の整骨院、接骨院に行くのも1つの方法だと思います。
私も自宅から歩いて10分散歩するだけで整骨院が2件ありました。

(最近分かったことです)

患者様が施術をしてみて費用対効果を感じられる所が一番いいと思います。

今回はネタが思いつかずこの辺で失礼します。

今後ともミニッツシステム開発を宜しくお願い致します!