ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
柔整・鍼灸関連情報
『患者様への対応』葛西
2016.02.29


2月も終わろうとしているのに寒さ厳しい日が続きますね。
インフルエンザが大流行していますので、体調管理には十分お気を付けください。

さて、今回は患者様への対応について少々。

柔整療養費の今後が懸念される今、
患者様との間に生じがちな齟齬を少しでも減らすことが大切になってきます。

初診・再診の患者様をはじめ、継続で来院している方からも、
「保険使えますか?」「保険でマッサージ出来ますか?」「延長って保険で出来ます?」etc...
受付時や施術中に聞かれることはありませんか?

そんな時に、保険適用についての説明をしっかり伝えることが大切です。

【柔整保険の適用対象は急性または亜急性の外傷】
【はり灸や按摩・マッサージを保険内で行うには同意書が必須】
【交通事故の自賠責保険、労災保険】

保険適用となるには他にも様々な条件があります。
患者様にとっては、「そこまで細かいの!?」と印象を与えるかもしれません。
問診を取ろうとしたら、「問診票に書いたのに何でそんなに詳しく話さないといけないの?」
と、詳しく聞かれたり話されるのを嫌がる方もいらっしゃいます。
患者様によっては結局治療を受けずに帰ってしまう方も出てくるかもしれません。

ですが、その時の説明や対応の仕方で患者様との齟齬を減らしたり、
患者様との信頼関係を築くことができるのではないかと思います。

【痛いってことは傷めてるんだから保険が使える】

そう思っている方も多いと思います。
かといって、「怪我じゃないと保険は適用されないんです」と言うと、
真っ向から否定されたと感じてしまうかもしれません。
しっかりと丁寧な説明で先程挙げたような認識を変えることが可能ですし、
それだけでなく継続して来院してもらえたり、友人を紹介してもらえるかもしれません。
その人が信頼をおいている院でなければ誰かを紹介したいと思わないですよね。

患者様への対応一つで生じがちな齟齬を減らすだけでなく、
来院数にも影響してくるのではないかと思います。

『明るく元気で、説明や対応がしっかりしていて良いのよね。』

そう言ってもらえる対応を心がけて、寒さに負けずに頑張っていきましょう。