ホーム > 製品情報
 

スタッフブログ

2017/12/23 UP
2016年の記事
2015年の記事
2014年の記事
2013年の記事
2012年の記事
柔整・鍼灸関連情報

3種類のうちどれかで作成した患者さまの保険証データをそのまま共有して、スムーズに別種類の施術入力が行えます。
柔整では慢性傷病の請求は認められませんが鍼灸マッサージではお医者様の同意書さえあれば請求が可能です。

負傷部位しだいでは上半身に鍼+下半身に柔整、という請求もできますので患者様に対して最適な治療・請求が可能になります。


クリックすると詳細画像が開きます。



後療の入力画面は柔整版を踏襲しています。
ですのでどちらかを使用した経験があれば、すぐに操作に慣れることができます。

初めての方でも安心していただけるよう、電話やインターネットを通じた遠隔支援サービスも充実しております。




同意書の内容を入力→カレンダーをクリックして施術日を入力→同意期間が切れたら新しい同意書の内容で更新、というわかりやすい入力で作業ができます。
申請書も同意書単位でまとめて管理しますので、施術が長期に及んだ患者様でも見やすくなっています。

同意書をいただくお医者様の名前もリスト登録から呼び出せますので、手間がかかりません。




訪問診療をメインにされているお客様でしたら、往療料の重要性はご存じかと思います。
メディカルクでしたら毎日の往療管理も万全です。
診療日ごとに往診距離を設定できるのはもちろん、患家間での往診があった際のリスト印刷も可能です。

インターネットの地図サイトを利用した距離測定機能もありますので往療料も適正金額がすぐわかります。

近頃はそのようなリストの添付を保険者から求められますが既に対応済みです。




要加療期間が切れそうな患者様を検索することができます。
検索した患者情報から、そのままお医者様への同意書発行依頼を印刷できるようにもなっております。
近頃はそのようなリストの添付を保険者から求められますが、既に対応済みです。