ホーム > 新着情報

【 速報!!】第11回 柔道整復療養費検討専門委員会の開催
2017.03.22

平成29年3月21日(火)、13時より中央合同庁舎第5号館にて、
『 第11回 柔道整復療養費検討専門委員会 』が開催されました。


今回の議題

【 柔道整復療養費検討専門委員会における議論の整理に係る検討(案) 】
弊社スタッフも傍聴いたしましたので、主に話し合われた内容について下記にまとめました。


内 容

①施術管理者の要件について
 『 新たに国家試験合格した柔整師への研修制度に関して 』

 本年から平成30年3月までに内容や項目、テキスト作成など施行準備を完了させ、
 平成30年度から施行できるように検討し進めると大筋合意。

②広告規制について
 平成29年度か30年度を目処にという厚労省のスケジュールに対し、
 保険者側から厚労省へ、スケジュールを急ぐよう要望が出て終了。

③亜急性について
 厚労省、保険者、施術者で意見が交わされるものの、まとまらず見送り。
 
上記の他にも、
施術者側→領収書の履歴について、施術期間コードの整備について質問や要望

保険者側→申請書の統一化についての質問、不正情報の提供者へ調査内容をフィードバックすることを明記してほしいという要望

などが閉会間際に出たようですが、今回の検討委員会では、
「①施術管理の要件について」だけが大筋合意に至ったようです。

今回の資料はこちら↓(厚労省HPより)

○委員名簿

委員名簿

○柔道整復療養費検討専門委員会における議論の整理に係る検討(案)

資料 柔-1

資料 柔-2

資料 柔-3

資料 柔-4